英語学習1000時間クエスト - 英語の学習仲間が集まる無料学習管理コミュニティ

マイページ画面の見方・使い方

このページでは、マイページ画面の見方・使い方について説明するよ!

学習記録と分析でともに使うのでよく使うページになるから分からないことがあったらこのページを見なおしてね。
ステータス画面の説明はわしがするぞ!
左上から説明していくな。

キャラクター画像・・・自分で設定した画像が使えるぞ!
この人のサイト・・・登録画面で設定したURLへのリンクじゃ

No・・・1000時間クエストでの番号だ、登録順じゃぞ!
達成時間・・・今までの記録時間だ。HPのようなイメージで見てくれ
Exp.・・・経験値じゃ。経験値の計算は時間(分)x質となっておる。
Level・・・英語の試験結果を記録すると表示されるぞ!英語力が分かるのう。。

開始日・・・1000時間クエストを始めた日じゃ、自由に設定できるぞ。ペース計算に使っているんじゃ。
目標・・・自分で設定した毎日の学習目標じゃ、単位はhours/dayで1日辺りの時間数じゃ。
フラッグ・・・手に入れた応援フラッグの数じゃ。皆の応援に感謝しよう!
メダル・・・教材レビューを書くとメダルがゲットできる、その総数じゃ。medalもたくさん集めたいのう。

称号・・・ここに手に入れた称号の玉がある。目指すは「千」の玉じゃな。

連続学習日数・・・ここには連続記録日数が表示されるぞ!現在と過去最高が表示される。毎日少しでも学習して記録を伸ばしたいのう。

学習目標・・・学習目標として設定しているものが表示される、毎日のステータス画面に表示されることで頑張る気持ちを奮いたててくれ!

基本情報として表示されるものは以上じゃ、コンパクトにまとめておる。やはり称号をゲットすることやフラッグ・メダルなどの数が増えると嬉しいのう。

その下から、現在進行中の100時間学習記録シート、そして記録画面があるぞ!
これは主催者のranさんのシートだよ。
ranさんも使いながら英語学習を楽しんでいるんだ。

このシートの色の使い方は、その人のセンスが出るよね(笑)

それじゃあ、記録シートと記録方法を説明するね。

まずは記録シートの説明!このシートを全部埋めるとちょうど100時間になるんだ。10段あるから1段は10時間だね。左上から右下に向かって学習時間を記録するとシートが埋まっていくよ。

右端にある星マークは次の段にまたがっていることを示しているよ。あと数字は日付だね。マウスをシート上に合わせると細かい学習情報が表示されるよ。クリックすると、その学習した日の学習情報が見れるんだ!

シートの下には補助情報が書かれているよ。

〇〇枚目 開始・・・このシートが何枚目か?またその開始日が書かれている。
達成状況・・・現在の100時間内での10時間毎の達成状況だよ。
シート記録・・・シート内の記録分数。全部で100時間だから・・・6000分だね。
シート残時間・・・100時間達成まで残りの分数。100時間達成が近くなってきたら頑張る目安になるね。
経過日数・・・このシートを始めてからの経過日数だね。()になっているmpdはminutes per dayの意味でこのシート内での1日辺りの平均記録分だよ。

ここまででシートの見方は分かったかな、そしたらいよいよ記録だよ! まずはが、「学習を記録する」の欄にある日付をクリックするか、日付を自分で選んで選択ボタンを押してね。
日付選択の下に上の画像のような記録フォームが出てきたかな?

このフォームがその選択した日の学習記録を入力するフォームだよ。

ここまで来たら、後は自分の学習した内容の時間の項目に分単位で入力、質は変えたければ変えて更新ボタンを押すだけだよ。twitterの連携機能もあるから、チェックするとツイッターでも同時に報告するよ!せっかく頑張った学習はできるだけ皆に知ってほしいよね!?

んん?自分の学習した内容がない?きっとそれは、学習内容の登録が済んでないからだわ。ここの入力フォームに表示させるなら学習内容を「学習中」にしておく必要があるの。学習内容の登録ページを参考に登録してね。

ここで、質って何なの?って思う人もいるかもしれないね。
兵士の格好した、おじさんのほうが詳しいから聞いてみよう!
おっ?質の説明だな。了解じゃ。

質というのは、1000時間クエストは基本、時間だけで学習量を把握していたのじゃが、そうすると物凄く集中して学習したものも、適当に聞き流したような学習も同じように扱われてしまうじゃろ。
それだと学習量を把握しにくい場合もあるということで作られたんじゃ。

質の数字を変えることで経験値の反映のされ方が変わる。

経験値(Exp.)= 時間(分) x 質

という式があってな、質の値が高いほど経験値をたくさんゲットできるんじゃ。昔は質は10段階で設定できたんじゃが、それだと選択がしづらいじゃろ。だから5段階にしようとおもっておる。5段階だと基本となるのが「3」じゃな。

あまり拘りたくない場合は、3のままでいいぞ。もし細かく設定したい場合は参考としてそれぞれの質の集中程度を載せておくぞ。

質1・・・聞き流しており後で記憶していない 例)移動中の洋楽、食事しながら洋画をみる
質2・・・意味は理解できないが英語にふれる 例)リスニング、難易度の高いリーディング、洋楽のカラオケ
質3・・・基本の学習
質4・・・為になる学習法(かなり疲れると感じる)    例)英会話、ライティング(長文)
質5・・・ずっと記憶に残る学習(どっと疲れると感じる) 例)英語でプレゼンするための~

まぁ、あまり神経質になってもいかん。記録はなるべく気軽に楽しんでくれい!

最後に記録画面の下に100時間達成状況を載せておる。少しだけ説明するぞ
ここには学習情報の分析グラフが出てくる。詳細は他のページで見れるのじゃが、 100時間ごとのペースぐらいはすぐに見たいだろうと思ってのう。

1000時間クエストの目標は1000時間達成がタイトルの通り大目標じゃが、その中には小さな目標があり徐々に達成していけば良いんじゃ。グラフで見れることでなんとなく自分のペースがわかってくるじゃろう。

このページの先頭へ